スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年第4四半期の主要都市地価上昇地区が大幅増加

国土交通省が2月24日に発表した地価LOOKレポートによると、


2010年第4四半期の主要都市の高度利用地地価は、

16地区で上昇した。

前回(2010年第3四半期)調査の2地区から大幅に増加。

三大都市圏の住宅系地区を中心に改善傾向を示す形になった。

この背景について国交省は、住宅取得優遇策の効果が見られ、

マンション用地取得の動きが活発化したことなどを挙げている。

住宅系地区では調査対象全42地区のうち、

上昇が11地区(前回は1地区)。横ばいが24地区(同32地区)、

下落が7地区(同9地区)だった。

一方、商業系地区は全108地区のうち、上昇が5地区(同1地区)、

横ばいが30地区(同29地区)、下落が73地区(同78地区)だった。


また、圏域別に見ると、三大都市圏で、

上昇地区が前回の2地区から15地区へと大幅に増加。

特に名古屋圏では、全ての住宅系地区で上昇した。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

田神さんの元手1万円からでも、継続かつ安定的にFX取引で稼ぐノウハウ

田神さんがやっていることと言えば、気が向いたときに

パソコンを操作して、誰にでも真似できる【ある手法】を使うだけ。



不況を一切気にすることなく

圧倒的な金額を黙々と稼いでいる田神さんという男がいます。

「その手法」を知った人からも、

次々との喜びの声が届いているようです。


● とてもシンプルで分かりやすい内容ですね!


● 本当に、こんなやり方でいいの?と思うほどでしたが、
  その日は+30000の結果を出すことができました。


● 難しい用語などあまり使ってないので
  非常に読みやすいレポートです。


● 一回しか読んでないのにすぐに理解することができました。


● 私が求めていた答えがここにありました!


● ポイントを押さえた内容だから素人でもすぐにできますね。


● マニュアルがとても読みやすいので
  初心者にはすごくいいと思います。


● FX初心者ですが、毎日プラスになっています!


● 内容をみたら驚きました。丁寧すぎてすぐに
  理解できました。こんな私でも結果が出せています。


● 1ヶ月で30万円の利益が出せました。
  これから専業でやっていけそうです


● 素人の私でも、損する気がしません。


● 手堅く毎日プラスでお金を増やしています。


● 一度読んだだけで理解ができました。


もしあなたが、このご時勢、本当に稼ぎたいのであれば、

「その手法」について、

ある程度は知っておかれたほうがいいです。

見かけや評判だけで判断をしてはいけません。


 ⇒ 「その手法」の解説レポートを無料で手に入れる




アフィリエイト、ネットショップ、ネットオークションなど

インターネットを活用したビジネスが色々とあります。


その中でも「その手法」を使うネットビジネスは

この数年、大人気で、常に参加者を増やし続けています。


このビジネスに一際脚光が集まる理由は、


● 1万円からでも数万円の利益を出すことができる

● ゲーム感覚で自分のお金を増やすことができる

● ネットさえつながっていればすぐに実践ができる

● 経験がなくても、結果を出すことができる

● 空いた時間を利用して、24時間いつでも取引できる


というものが挙げられるでしょう。


もしあなたが「その手法」に興味を持ち始めたのなら

この機会に、田神さん作成のレポートをご覧ください。


先日、田神さんが配布を始めた無料レポートは

誰が実践しても結果が出せるノウハウが解説されています。



PS.
レポート作者の田神さんは、実は少し前まで借金で首が回らず
リストカットなどの自殺未遂を繰り返していたそうです。

テーマ : FXで稼ごう! - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産投資に欠かせないにアパートローン

三井住友銀行のアパートローンアパートローンを紹介しようと思います。

建築資金融資の場合、分割融資での融資も可能なアパートローンです。
初回の融資から2年以内かつ5回まで、支払い時期に合わせて
融資を分割して利用可能です。
(分割融資期間中の元金の返済は据置き)

工事期間が長期に渡る不動産物件などの場合には
一括で融資を受けるよりも有利な融資条件のアパートローンです。

※変動金利型のみ利用可能


不動産投資において、複数の金融機関との取引がベストとなります。
地元の信用金庫と地方銀行、公的金融機関などの方が
融資が受けやすいでしょうが、三井住友銀行のようなメガバンクとの
取引もいずれは、考慮しておくべきです。


直担アパートローン

●特徴

全国対象としたアパートローン
収益還元法で積極融資が特徴
建築資金融資の場合、分割融資での融資も可能


●融資条件

借り入れ時満20歳以上の個人
実質個人とみなされる不動産管理会社での借り入れも可能

●資金使途

アパート経営・マンション等賃貸住宅の建築・購入

リフォーム資金・およびその借り換え資金


●融資金額

200万円以上で当該賃貸物件の建築・購入価格等の範囲内
(10万円きざみ)
担保となる物件の評価により制限があり


●融資期間

1年以上最長30年以内(1ヵ月きざみ)
※固定金利特約型は2年以上最長30年以内(1ヵ月きざみ)


●返済方法

元利均等返済方式、元金均等返済方式
より選択可能


●担保

融資対象の物件(ただし、建物を取得される場合は土地・建物の双方)に
抵当権者とする抵当権を設定
長期火災保険に加入が必要、保険金請求権に当行を質権者とする
質権を設定が必要な場合があり


●保証人

法定相続人の中から、原則1名以上の方に連帯保証人が必要


●金利

変動金利型または固定金利特約型

※固定金利特約型

 融資期間の範囲内で
 2年・3年・5年・10年・15年・20年のいずれかの
 固定金利期間を選択可能


詳細は三井住友銀行のホームページでご覧下さい。

不動産投資の2つの「投資スタイル」

不動産投資は「投資スタイル」により継続した収入が発生します。

これは簡単に言いますと「転売益狙い」か「家賃収入狙い」かで大きく分かれます。

おすすめの投資スタイルは「家賃収入狙い」をメインにした投資スタイルです。

しっかりと、リスクマネジメントすれば家賃収入が安定的に入ってくるというものです。

「家賃収入狙い」の場合、不動産投資のリスクとヘッジさえ、きちっと抑えてやれば、不労所得に近いものになります。


不動産投資や賃貸経営は、参入障壁が高いと思われています。

一棟ものの不動産を購入するためには数千万単位でのお金が必要になってきます。

このお金を用意できる人は限られているのです。

正確に言うと「自分で用意できる人は限られている」です。

不動案投資は「不動産という現物投資」になりますが、不動産を購入する際に、これから購入する不動産自体を「銀行」から資金を借り入れるための担保として提供できるのです。

「買おうとしている不動産の価値」を銀行が評価して、お金を貸す価値があると銀行が評価すれば、その不動産を購入するための資金を貸してくれるということです。

不動産を購入するに当たり自分のお金は少し、残りの大半は銀行の融資で賄うということです。

ですから、本当は、不動産投資の壁は高くないのですが、ほとんどの方は参入障壁が高いと感じています

不動産投資は、「知っている人」と「知らない人」との結果の違いが天地ほど違います。

あなたも、魅力ある不動産投資など、お金の知識をしっかり学んでみませんか?

不動産投資などのセミナー

住宅ローンの借換え

住宅ローンの借換えとは、現在借りているローンを一括返済して、新しいローンを組み直すことです。

今の住まいに住み続けながら、現在よりも有利な条件の住宅ローンに切り換えることで、毎月返済額をグッと少なくしたり、返済総額を数百万円単位で節約したり、将来の金利アップへの不安の解消などが期待できます。

「それなら、繰上げ返済でもできるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、繰り上げ返済「繰上げ返済」を初心者向けのメンテナンス方法とすれば、「借換え」は上級者向けと言えそうです。

「繰上げ返済」よりもお金と手間がかかるものの、「繰上げ返済」よりも大きな効果を出すことが可能です。

住宅ローンのメンテナンスを洋服のリフォームにたとえてみると、「繰上げ返済」はすそ入れ・たけ出しで今の体型(ご家庭の状況)に合わせるイメージですが、「借換え」は今の体型に合わせて服を新調するようなもの。

フィット感や効果が違うというわけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。