スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年第4四半期の主要都市地価上昇地区が大幅増加

国土交通省が2月24日に発表した地価LOOKレポートによると、


2010年第4四半期の主要都市の高度利用地地価は、

16地区で上昇した。

前回(2010年第3四半期)調査の2地区から大幅に増加。

三大都市圏の住宅系地区を中心に改善傾向を示す形になった。

この背景について国交省は、住宅取得優遇策の効果が見られ、

マンション用地取得の動きが活発化したことなどを挙げている。

住宅系地区では調査対象全42地区のうち、

上昇が11地区(前回は1地区)。横ばいが24地区(同32地区)、

下落が7地区(同9地区)だった。

一方、商業系地区は全108地区のうち、上昇が5地区(同1地区)、

横ばいが30地区(同29地区)、下落が73地区(同78地区)だった。


また、圏域別に見ると、三大都市圏で、

上昇地区が前回の2地区から15地区へと大幅に増加。

特に名古屋圏では、全ての住宅系地区で上昇した。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。