スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資の2つの「投資スタイル」

不動産投資は「投資スタイル」により継続した収入が発生します。

これは簡単に言いますと「転売益狙い」か「家賃収入狙い」かで大きく分かれます。

おすすめの投資スタイルは「家賃収入狙い」をメインにした投資スタイルです。

しっかりと、リスクマネジメントすれば家賃収入が安定的に入ってくるというものです。

「家賃収入狙い」の場合、不動産投資のリスクとヘッジさえ、きちっと抑えてやれば、不労所得に近いものになります。


不動産投資や賃貸経営は、参入障壁が高いと思われています。

一棟ものの不動産を購入するためには数千万単位でのお金が必要になってきます。

このお金を用意できる人は限られているのです。

正確に言うと「自分で用意できる人は限られている」です。

不動案投資は「不動産という現物投資」になりますが、不動産を購入する際に、これから購入する不動産自体を「銀行」から資金を借り入れるための担保として提供できるのです。

「買おうとしている不動産の価値」を銀行が評価して、お金を貸す価値があると銀行が評価すれば、その不動産を購入するための資金を貸してくれるということです。

不動産を購入するに当たり自分のお金は少し、残りの大半は銀行の融資で賄うということです。

ですから、本当は、不動産投資の壁は高くないのですが、ほとんどの方は参入障壁が高いと感じています

不動産投資は、「知っている人」と「知らない人」との結果の違いが天地ほど違います。

あなたも、魅力ある不動産投資など、お金の知識をしっかり学んでみませんか?

不動産投資などのセミナー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。